MENU

こども寺子屋のイメージイラスト

こども寺子屋

とちおと おとなこども寺子屋 Tochioto

こども寺子屋Tochiotoは築70年の空き古民家を改修した
スペースです。
勉強だけではなく、アート、音楽といった
カルチャー、そして様々な職業や
生き方、文化に触れる機会を通じて、
これからを生きる力を育みます。

Tochiotoが大切にしていること

Tochiotoが大切にしていることのイメージ写真

好きなことはなんですか?やりたいことはなんですか?

小さい頃は、親が止めるのも聞かず熱中していた
あんなことやこんなこと。
大人になるとすっかり忘れてしまっていたりします。

そんな、とことん夢中になれる好きなことや得意なこと、
そして人に喜んでもらえることが、
進路の先にある長い人生を支えてくれることに、
多くの大人たちは気付いているのではないでしょうか。

感受性の強い、想像力豊かなこども時代に
勉強だけではなく、様々な職業や生き方、人に触れる機会を通じて
自分の軸を見つけること、考えること、また美しいもの、ほんものに触れることで、感性をひらくことも
Tochiotoでは大事にしていきたいと思っています。

※栃尾にはない仕事をしている大人や、アート、音楽に触れたり一緒になにか作ったりできるイベントを予定しています

Tochioto とちおとが考える5つの大切

1. わくわく、知りたいことからはじめる

興味のあることを広げる、
そして掘り下げることからはじめる

2. 小さくはじめる small start !

目標ができたら、まずはできることからやってみる。
実際教わったことを、生活に応用したり、
他の人に教えたりしてみる。
いつかじゃなくて、今やってみる。

3. 人を通して学び合う

幅広い世代や価値観の違う人から、色んな視点を知る

4. 五感、感性を大事に

頭を使うだけでなく、嗅覚、味覚、聴覚など
五感をつかって世界をみること

5. ユーモア、楽しさを大切に

一歩ひいて物事を楽しむ視点も大切。
楽しいことには人がついてくる。

まなびの環境

リラックスして、集中できる環境づくりを
心がけています。

とちおとの地元新潟産の素材をふんだんに使用した空間 とちおとは自然溢れる環境の中、感性も磨かれます
  • ・地元新潟産の素材をふんだんに使用した空間
  • ・天然無垢材の久里家具製作所の椅子など
  • ・栃尾産手漉き和紙(サトウ工房)
  • ・フリーデスク
    みんな同じ机、椅子じゃなく、好きな色の椅子、好きな場所で勉強できます
  • ・目にも優しいLEDライトを導入
  • ・耳をすませば木々のふれる音
    自然溢れる環境の中、感性も磨かれます
  • ・好きな時に自由に飲めるように季節や体調の変化に応じたお茶(栃尾産の野草茶など)をご用意しています
  • ・時間や季節ごとにアロマの香りで集中力を高めたり、落ち着いて取り組めるようにしています

運営者

Tochioto とちおと代表 近影

刈屋 高志(かりや たかし)

東京都小平市生まれ、新潟市育ち。
高校卒業後中国・重慶市に留学。帰国後、早稲田大学第二文学部卒業。
幼いころ、祖父母の住む栃尾に来ては、自然あふれる環境のもと、川で泳いだり、スキーを楽しんだりといった
生活をおくる。2009 年にその栃尾に移住し、弟とともに農業をスタート。
農薬や化学肥料は用いず「安心安全なことはもちろん、食べた人が元気になる野菜」を栽培する。
また、大学のゼミ生を受け入れてのフィールドワークや、執筆、講演活動なども。
子育てに、家事に、仕事にと、何役もこなす百姓主夫。

見学も受け付けています。
まずはお気軽にお問い合わせください。

申し込み・お問い合わせはこちら