MENU

とちおと通信

とちおと おとな こども 寺子屋 Tochioto

2016年4月

<震災避難されたい方へ>栃尾の古民家をお貸しします

2016年4月23日 その他

Tochiotoおよび刈屋さんちの安心野菜からのお知らせです

刈屋さんち,刈屋

この度の震災で被害に遭われた皆さまには
心からお見舞い申し上げます。
もし一時的な避難や移住を考えていらっしゃる方がいたら
うちの古民家にいらっしゃいませんか?

現状、電気、水道、Wi-fiが通っています。
ガスは契約しないといけませんが、
去年まで研修生が住んでいたので
一通り生活用品は揃っています。
私たちが暮らしている家からは徒歩1分くらいなので、
適度なプライベート感があります。
ご飯はみんなで一緒に食べて、寝たり休んだりするのに
古民家を利用していただくのが良いのかなと
今は考えています。
もちろん滞在費用については無料です。

私(妻)自身は3.11のとき
京都のお寺に子どもと避難をさせてもらいました。
そこで、日々畑仕事をしたり、煮炊きをしながら
今の自分、そしてこれからについて
じっくり考えることできて今があると思っています。
離れてみて客観的にわかること、
いつもの呼吸に戻れること、感じること
たくさんあると思います。
決して、離れるだけが良いと言っているわけでは
ないです。ただ、ピン!とくる方がいらしたら、
そして私たちの暮らしに興味がある方がいらしたら
ご連絡いただけたらと思います。

とはいえ、そんな沢山の受け入れは
できないかもしれません。
一家族、またひとり親家庭の方であれば
複数家族受け入れられるかなと思っています。
また今回は勝手ながら、小さいお子さんがいらっしゃる方
(未就学児がいらっしゃる方)を優先させていただきたいと
考えています。田んぼや畑、また寺子屋など、なにか
一緒にお手伝いいただくこともあるかもしれません。
そのあたりもご相談に応じます。
田んぼがあり、畑があり、日々来客は多く
また家族も元気な80代祖父母はじめ
子どもも犬もたくさんいる環境です。
※画像参照(家族写真的なものがこれしかなくてすみません)
またここに映ってはいませんが小学生の子どももいます。

何かご質問等ありましたら、
メッセージもしくは下記お問い合わせフォームからご連絡下さい。
また思い当たる方がいらしたらご紹介下さい。
http://tochioto.com/contact/
刈屋さんちの安心野菜 刈屋高志/Tochioto 刈屋ひと美

【満員御礼】はじめてをご一緒に!カカオから作るほんものチョコレート

2016年4月23日 イベント
カカオ

~えのもとつくる× Tochioto とちおとpresents~

私たちが日頃から親しんでいるチョコレート。
甘くて美味しくて、子どもも大人も大好きですよね。
そんなチョコレートを今回はなんと原料のカカオから手作りしてしまいます。

<こんなことを考えている方におすすめ>
・チョコレートって、どんな材料から作られているの?
・子どもと一緒にはじめてのことを体験したい
・本物に触れさせたい
・どこからきてどうやって作られたチョコレートを食べているの?
・作る人も食べるわたしたちも幸せになる、チョコレートを通じた関係性ってどんなだろう?

そんなことに思いを馳せながら、参加者みんなでカカオから本物のチョコレートづくりを体験してみましょう。

<過去のイベント参加者の声>
・滑らかで香り舌触りの違うチョコレートにびっくり
・ビターといっても使う砂糖の量に驚いた
・チョコレートをきっかけにどう食べ物や商品を選んでいくか、考えるきっかけになった

今回は、インドネシア・パプア州のカカオ生産者とともにチョコづくりを行うNPO法人APLAの野川未央(Mio Nogawa)さんを講師にお招きし、カカオからのチョコレート作りと、生産者も食べる人も笑顔になれるチョコレートに関するお話をしていただきます。

日 時:2016年5月14日(土)
    10:00~12:00
    ※ランチ時間に終了するため、栃尾の洋食屋
    「エスポワール」さんのお弁当注文を承ります。
    1食500円です。
    ご希望の方はメッセージかウォールにてお申込み下さい。

場 所:tochioto(長岡市栃堀4309-1)
※Google mapで「おとなこども寺子屋Tochioto」で検索下さい

参加費:3,000円
    チョコの試食、お土産のチョコ、
    ハンドドリップのコーヒーつき
    お子さんのみでも参加できます。小3以上推奨。
    小学生のお子さん連れ親子は、ペアで4,500円

定 員:20名

持ち物:エプロン、三角巾
    ※気温が上がると、チョコが溶け始めます。
     好天時のお持ち帰りに際して、簡単な保冷バッグと
     保冷剤の持参をお勧めします。

申込み:FBページでの参加ボタンのみでは、申し込み完了しません。
    主催者の榎本 淳、細金 創、野村 ひと美のいずれか宛に、
    ◆参加される方のお名前(人数分)
    ◆お子さんの参加の場合、学年
    ◆連絡先
    ◆昼食の有無
    を沿えてメッセージでお申し込みください。

備 考:当日は、10時~14時までの間、会場内にて
    小さなフェアトレードマルシェを同時開催します。
    海外からの【幸せ】をみなさんにお届けします♪

◆講師プロフィール◆
野川 未央(Mio NOGAWA)
 特定非営利活動法人APLA 事務局スタッフ

 大学在学中、恩師の影響で、自分たちの暮らしと世界、特にアジア地域との関わりについて深く考えるようになりました。2008年のAPLA設立時からスタッフとして働きはじめ(2010年より専従)、日本国内の広報・イベント関連、海外支援事業の東ティモールを主に担当。コーヒー産地に滞在して村の人たちと議論を重ねながら、農を軸にした自立したコミュニティづくりをめざした活動を続けてきています。
 また、2013年より開始した手作りチョコレートのワークショップで全国各地をまわり、パプアやカカオの魅力について伝えています。

1